注意点と特徴

ドラッグ

突然激しい痛みが起きる痛風を予防するには、日ごろの生活習慣の見直しが必要です。痛風を予防するためには尿酸値を上げないように注意します。プリン体の多い食べ物として代表的なものは鳥や牛、豚のレバー類やエビやイワシなどの魚介類です。プリン体の多い食べ物を必要以上に食べないのは大切ですが、どんあ食材でも必要以上に食べると用産地を上げる原因になるので食べ過ぎには日頃から注意しましょう。また、お酒の飲みすぎも尿酸値の上昇を招きます。発泡酒にはプリン体カットの商品もありますが、お酒に含まれるエタノール自体が尿酸値を上昇させるので、予防のために飲むのは一合までにしましょう。逆に海藻類やキノコ類などは尿酸の排泄を即してくれるために予防のために積極的に食べましょう。

痛風は、すぐに痛風と判断できるような痛みを伴うのが特徴です。初めのうちは下肢、特に親指の付け根がムズムズしたり、ヒリヒリするといった違和感に襲われます。これは過去に症状を経験した人ほど気づきやすいです。放置すると違和感を感じていた場夜を突然激しい痛みが襲います。この痛みはジワジワと激しくなる伊丹ではなく、突然最大級の痛みが襲ってくるのが特徴です。伊丹はその日のうちにピークを迎えます。足を打ちつけたり傷めたりしたことがないのに突然激し痛みに襲われた場合は痛風である可能性が高いです。この激痛は我慢すれば特に処置をしなくても軽症の場合は3日ぐらいで痛みは治まってしまいます。そのため、多くの患者さんが痛風になっても特に治療もせずにそのまま放置しています。