マカが効果的です

頬を触る女性

成長ホルモンの分泌の促進

最近のアトピー性皮膚炎は、若い人だけではなくて、中高年にも増加するようになっています。とくに中高年は、成長ホルモンの分泌が低下し始めるので、皮膚が乾燥し易くなるのです。そのため中高年のアトピー性皮膚炎は、痒みなどの症状が強くなり易い特徴があります。そこで中高年のアトピー性皮膚炎は、成長ホルモンの分泌を、増加させると改善効果が期待できます。その点でマカを摂取すると、成長ホルモンの分泌を促進する効果があると指摘されているのです。マカは南米産のハーブの一種で、昔から精力増強作用があるために、珍重されてきました。その背景にあったのが、この成長ホルモンの分泌の促進する効果だったのです。したがって中高年のアトピー性皮膚炎では、マカを摂取することが注目されるようになっています。

血流を向上させます

またアトピー性皮膚炎では、傷付いた皮膚を改善させることも大切です。例えば抗ヒスタミン剤を使用すると、確かに炎症は軽減できますが、傷付いた皮膚は改善しません。しかしマカを摂取すると、アルギニンを摂取できるので、傷付いた皮膚が改善し易いのです。アルギニンを摂取すると、体内の一酸化窒素を増やす効果があります。一酸化窒素が体内で増えると複数の効果が起こりますが、その一つが身体の血流を向上させることです。傷付いた皮膚を改善させるためには、新しい皮膚を産生させるための栄養が必要になります。この新しい皮膚を産生させるための栄養は、すべて血液が運んでくれるのです。このような効果もマカにはあるために、アトピー性皮膚炎で摂取すると効果的なのです。